絵本学会

『絵本学』投稿規程と執筆要項について

絵本学会研究紀要『絵本学』第21号の投稿規程
◎投稿資格:絵本学会会員および準会員
      2018年8月31日までに会員資格を有していること。
◎内  容:絵本に関する研究論文、研究ノート、論説、報告で、未発表のもの。
【研究論文】 研究の視点や手法、理論展開及び結論に独創性や説得力が高く認められるもの
【研究ノート】 研究の基礎データになる資料、あるいは理論構築の可能性が認められるもの
【論説】 学術的な論で、注目すべき研究・作品・作家・展覧会・活動を取り上げての評論など
【報告】 活動紹介や文献紹介など
 

  • 掲載採択:査読に基づき、編集委員が掲載の採否を決定する。必要に応じて編集委員の外に査読委員を依頼する場合がある。採否判定の過程・理由は開示しない。ただし、投稿者は、結果について説明を求めることができる。この場合、編集委員会は申し出の内容を精査の上、適正範囲内で回答する。
  • 執筆要項:執筆は別に定める執筆要項に従うこと。
  • 投稿締切: 2018年9月30日(必着)
  • 採択通知: 2018年12月15日までに投稿者へ通知する。
  • 刊行: 2018年度内
  • 原稿送付先:絵本学会事務局(郵送とする。FAX、電子メールなどによる送付は不可)

 
<文章量への注意>
絵本学会紀要『絵本学』へ投稿を希望される方は、執筆要項をよく読んで、原稿を作成して下さい。特に、文章量にはご注意ください。
絵本学会紀要『絵本学』は第1号以来、同じ書式で作成しています。現在の紀要のページ割では、註・引用文献・参考文献を含め、研究論文は8ページ、研究ノートは6ページ、論説と報告は4ページを原則とします。このうち、はじめの左半ページは、表題、執筆者名、専門分野、和文・英文抄録等の記載に使用します。本文は右半ページからはじめます。